ここで紹介するのは、ナースバンクで今から転職活動するという人のために、さらに専門的で、かつスムーズに転職が可能になる、転職サイトのまとめです。 自力ではどうしてもムラがあり、最終的に妥協して転職した・・・ということのないように、プロの力を上手に利用して満足のいく転職となるよう、手助けをします。 全て無料で利用できる機関ばかりをピックアップしてみたので、ぜひチェックしてみてくださいね!!


















登録といっても、難しいことは一切ありません。1社でも1分程度、


複数登録しても5分程度で完了します。



完全無料なので、どうせならたくさんの優良情報を集めることから始めましょう!

 

都道府県別ナースバンク(ナースセンター)の情報

 都道府県別   住所 
 北海道 ナースバンク(北海道ナースセンター)  北海道札幌市白石区本通16丁目北6-1 (社)北海道看護協会内1階
 北海道 ナースバンク(旭川市・上川業務支所)  北海道旭川市永山6条19丁目 北海道上川保健所内
 北海道 ナースバンク(函館市・渡島業務支所)  北海道函館市美原4丁目6番16号 渡島合同庁舎1階 北海道渡島保健所内
 北海道 ナースバンク(帯広業務支所)  北海道帯広市東3条南3丁目1 北海道帯広保健所内
 北海道 ナースバンク(釧路業務支所)  北海道釧路市花園町8番6号 北海道釧路保健所内
 北海道 ナースバンク(北見業務支所)  北海道北見市青葉町6番6号 北海道北見保健所内
 青森県 ナースバンク(青森県ナースセンター)  青森県青森市中央三丁目20-30 県民福祉プラザ3階 (社)青森県看護協会内
 岩手県 ナースバンク(岩手県ナースセンター)  岩手県盛岡市緑ヶ丘2-4-55 岩手県看護研修センター1階 (社)岩手県看護協会内
 宮城県 ナースバンク(宮城県ナースセンター)  宮城県仙台市青葉区八幡二丁目10番19号 (社)宮城県看護協会内
 秋田県 ナースバンク(秋田県ナースセンター)  秋田県秋田市千秋久保田町6-6 秋田県総合保健センター5階 (社)秋田県看護協会内
 山形県 ナースバンク(山形県ナースセンター)  山形県山形市松栄1丁目5-45 (社)山形県看護協会内
 福島県 ナースバンク(福島県ナースセンター)  福島県郡山市本町1丁目20番24号 福島県看護会館 みらい 1階 (社)福島県看護協会内
 茨城県 ナースバンク(茨城県ナースセンター)  茨城県水戸市緑町3-5-35 茨城県保健衛生会館3階 (社)茨城県看護協会内
 栃木県 ナースバンク(栃木県ナースセンター)  栃木県宇都宮市駒生町3337-1 とちぎ健康の森4階 (社)栃木県看護協会
 群馬県 ナースバンク(群馬県ナースセンター)  群馬県前橋市上泉町1858-7 (社)群馬県看護協会内
 埼玉県 ナースバンク(埼玉県ナースセンター)  埼玉県さいたま市中央区新中里3-3-8 埼玉地域看護研修センター2階 (社)埼玉県看護協会内
 千葉県 ナースバンク(千葉県ナースセンター)  千葉県千葉市美浜区新港249-10
 東京都 ナースプラザ  東京都新宿区筑土八幡町4-17
 ナースバンク東京  東京都新宿区筑土八幡町4-17 (ナースバンク東京)
 ナースバンク立川  東京都立川市柴崎2-21-19 多摩・立川保健所2階
 神奈川県 ナースバンク(神奈川県ナースセンター)  神奈川県横浜市中区富士見町3番1 神奈川県総合医療会館6階
 神奈川県 ナースバンク(小田原支所)  神奈川県小田原市城内1-22 衛生会館小田原看護専門学校
 神奈川県 ナースバンク(相模原支所)  神奈川県相模原市富士見6-1-1 相模原市総合保健医療センター A館5階
 新潟県 ナースバンク(新潟県ナースセンター)  新潟県新潟市中央区川岸町2-11 新潟県看護研修センター1階 ナースバンク(社)新潟県看護協会内
 富山県 ナースバンク(富山県ナースセンター)  富山県富山市鵯島字川原1907-1 (社)富山県看護協会内
 石川県 ナースバンク(石川県ナースセンター)  石川県金沢市兼六元町3-69 (社)石川県看護協会内
 福井県 ナースバンク(福井県ナースセンター)  福井県福井市北四ツ居町601 (社)福井県看護協会会館
 山梨県ナースセンター(山梨県ナースセンター)  山梨県甲府市東光寺2-25-1 (社)山梨県看護協会内1階
 長野県 ナースバンク(長野県ナースセンター)  長野県松本市旭2丁目11-34 看護総合センターながの
 岐阜県 ナースバンク(岐阜県ナースセンター)>  岐阜県岐阜市薮田南5-14-53 岐阜県県民ふれあい会館 第1棟5階(社)岐阜県看護協会内
 静岡県 ナースバンク(静岡県 ナースセンター)  静岡県静岡市駿河区南町14番25号 エスパティオ3F
 静岡県 ナースバンク(静岡県ナースセンター東部支所)  静岡県沼津市高島本町1-3 静岡県東部総合庁舎内別館2階
 静岡県 ナースバンク 西部支所  静岡県浜松市中区中央一丁目12番1号 静岡県浜松総合庁舎10階
 愛知県 ナースバンク(愛知県ナースセンター)  愛知県名古屋市昭和区円上町26-15 愛知県高辻センター1階
 愛知県 ナースバンク(愛知県 ナースセンター 豊橋支所)  愛知県豊橋市駅前大通2-33-1 開発ビル4階
 三重県 ナースバンク (三重県ナースセンター)  三重県津市観音寺町字東浦457-3 三重県看護研修会館別館1階
 滋賀県 ナースバンク (滋賀県ナースセンター)  滋賀県草津市大路2丁目11-51 滋賀県看護研修センター (社)滋賀県看護協会内
 京都府 ナースバンク (京都府ナースセンター)  京都府京都市中京区竹屋町通 烏丸東入ル清水町375 ハートピア京都7階
 兵庫県 ナースバンク (兵庫県ナースセンター)  兵庫県神戸市中央区下山手通5-6-24 (社)兵庫県看護協会内
 奈良県 ナースバンク (奈良県ナースセンター)  奈良県橿原市四条町288-8 看護研修センター1階
 和歌山県 ナースバンク (和歌山県ナースセンター)  和歌山県和歌山市西浜1014-27 看護研修センター内1階
 鳥取県 ナースバンク (鳥取県ナースセンター)  鳥取県鳥取市江津318-1 看護研修センター1階 (社)鳥取県看護協会内
 島根県 ナースバンク (島根県ナースセンター)  島根県松江市袖師町7-11 看護研修センター1階 (社)島根県看護協会内
 岡山県 ナースバンク (岡山県ナースセンター)  岡山県岡山市北区兵団4番39 岡山県看護研修センター内
 広島県 ナースバンク (広島県ナースセンター)  広島県広島市中区広瀬北町9-2 (社)広島県看護協会会館1階
 山口県 ナースバンク (山口県ナースセンター)  山口県防府市大字上右田2686 山口県看護研修会館新館1階 (社)山口県看護協会内
 徳島県 ナースバンク (徳島県ナースセンター)  徳島県徳島市北田宮1丁目329-18 (社)徳島県看護協会内
 香川県 ナースバンク (香川県ナースセンター)  香川県高松市国分寺町国分152-4 (社)香川県看護協会 看護研修センター2階
 愛媛県 ナースバンク (愛媛県ナースセンター)  愛媛県松山市道後町2丁目11-14 (社)愛媛県看護協会内 愛媛看護研修センター1階
 高知県 ナースバンク (高知県ナースセンター)  高知県高知市朝倉己825番5 (社)高知県看護協会内
 福岡県 ナースバンク (福岡県ナースセンター)  福岡県福岡市東区馬出4-10-1 ナースプラザ福岡
 佐賀県 ナースバンク (佐賀県ナースセンター)  佐賀県佐賀市久保田町大字徳万1997-1 (社)佐賀県看護協会内
 長崎県 ナースバンク (長崎県ナースセンター)  長崎県諫早市永昌町23-6 (社)長崎県看護協会内
 熊本県 ナースバンク (熊本県ナースセンター)  熊本県熊本市東町3-10-39 看護研修センター1階 (社)熊本県看護協会内
 大分県 ナースバンク (大分県ナースセンター)  大分県大分市寿町2-6 看護研修センター1階 (社)大分県看護協会内
 宮崎県 ナースバンク (宮崎県ナースセンター)  宮崎県宮崎市学園木花台西2-4-6 (社)宮崎県看護協会1階
 鹿児島県 ナースバンク (鹿児島県ナースセンター)  鹿児島県鹿児島市鴨池新町21-5 看護研修会館1階 (社)鹿児島県看護協会内
 沖縄県 ナースバンク (沖縄県ナースセンター)  沖縄県島尻郡南風原町字与那覇460番地 沖縄県看護研修センター2階 (社)沖縄県看護協会内

 

複数登録OK、ハズレなしの民間ナースバンクは?

 










 

 

ナースバンクとは

 

ナースバンクとは、看護協会主催の求人・養成のために作られた公的施設です。一般の派遣会社とは違い、就職のあっせんだけでなく、就業中の看護師の研修や教育、離職してまた復職したいと考えている潜在看護師のための復職支援研修などを企画、運営しています。具体的に見て行くと、ナースバンク事業としては、ハローワークでの就業相談、看護実習の無料研修、セミナーの開催などを行っています。普及啓発事業としては看護師向けの雑誌の発行、離職者のためのコールセンターでの相談などがあります。このナースバンクは全国主要都市には設置されているので、その場所で求められている看護師人材の育成プログラム、啓発セミナーなどが行われています。また看護師協会として、地域の看護の質の向上や、さらなる技術、知識の向上のための勉強会や発表会なども行われており、お互いに看護を学びあう場所として活用されています。実際に離職してからだいぶたち、いざ復職しようとしてもなかなかスキルに自信がないといった看護師さんが、この復職支援研修を受けて看護師の職場復帰に自信がつき、参加してほんとに勉強になった、といった手記を残しています。ナースバンクの良い点は、看護協会あっせんの情報ですので、確かな求人情報で信頼が置けるといった点です。また、地域の病院や医療施設の紹介がメインですので、転職先がどのような職場状況であるかがわかりやすい、といったメリットがあります。ただ、地域の看護師求人情報ですので、情報が若干少なめである、といったことも言われています。反して、一般の人材派遣会社では、条件が不確かだったり、担当者があまり頼りにならなかったり、といったこともデメリットとして挙げられています。ですが、広範囲にわたり一度に手軽に探せる、情報量が多い、などの使い勝手が良い面もありますのでどちらが一概に良い、悪いとは言い切れない面があります。どちらを利用するにしても、納得のいく働きやすい環境を求めていきたいものです。

 

 

ナースバンクの人材紹介の仕組み

 

ナースバンクは、求職者だけではなく、看護士を求人している施設からも登録を受け付けています。
どちらも利用するにはナースバンクに登録する必要があり、無料登録することで求人情報を閲覧したり、求職者の紹介が受けられるようになります。
各都道府県のナースセンターの仕組みは、仕事を探している人と人材を探している人の間を斡旋することで成り立っています。
斡旋といってもお金はとらず、税金で費用が賄われています。そのため、お金をかけずに人材を探したい施設の人がよく利用します。
求職者は、看護職もしくは看護学生などで、登録すれば看護職の就業相談員に相談できるようになります。
インターネットでの無料職業紹介所がe-ナースセンターで、ここでは登録、求人情報の検索、紹介、などがネットからできるようになっています。サイト利用料は無料です。
また、研修やイベントの情報が掲載されているので、ナースセンターで開催されるイベントをチェックしたい人にも便利です。
仕事探しでは、インターネットの場合は希望の求人施設に紹介依頼をして、紹介が成立すると紹介状が発行されてきます。これを自宅などでプリントアウトします。
来所して紹介してもらう場合には、希望の求人施設への紹介依頼を相談員に申し出ると紹介状が発行されるのでそれを受け取ります。
面接の日時設定調整して面接して、あとは採否結果をナースセンターに連絡するようになっています。
ナースバンクなどの無料職業紹介事業と、有料職業紹介事業の違いは、職業紹介に対して紹介料や手数料がかかるかどうかです。
たいていは紹介先の施設から手数料を受け取って、紹介した看護職の年収の20%程度を徴収します。人材を探している人はお金を払う必要がありますが、求職者にはお金はかからない仕組みになっています。
求職者からすればどちらも無料で利用できますが、ナースセンターが運営していて、専門の相談員がいるというのがナースバンクのメリットです。

 

 

ナースバンクと看護師求人サイトの違い

 

看護師の職場に就くにはまずは求人情報が大量に必要です。医療系統の仕事を長期間続けるにはストレスが溜まりにくい良い職場を見つける必要があります。職場選びを失敗すると途中で仕事を続けるのが辛くなってしまい、辞める事になる可能性が高いです。医療関係の職場は仕事を途中で辞める方も多いです。看護師の求人情報を集める方法は二つあります。ナースバンクと看護師求人サイトを利用して情報を集める方法です。ナースバンクは業者に相談をして、自分に合った看護師の求人情報を紹介して貰えるというサービスです。看護師の求人情報を専門に用意しているので相談をすれば自分に合った求人情報が見つからない方でも良い物が見つけやすいです。看護師求人サイトを利用する方法は、インターネットから求人情報を載せているサイトにアクセスして情報を集めるという方法です。この方法のメリットは看護師の求人情報を自分で沢山手に入れられるという点があります。紹介して貰うのではなく、サイトに載っている求人情報を全て手に入れて個人で比較できるので比較すべき点がハッキリとしている方はナースバンクで求人情報を紹介して貰うよりも自分でサイトで情報を集めて比較した方が良い場合もあります。どちらの方法も利用方法は違いますが、自分に合った求人情報を見つけられるという点では変わらないので自分に合った方法を選ぶようにしましょう。ナースバンクと看護師求人情報を載せているサイトはどちらも無料で利用出来るというメリットがあります。どちらかを選んで損をするという事は無いので安心して好きな方法を選んで頂けます。インターネットにある求人サイトにも転職支援サービスを用意している所があったり、沢山の種類の求人情報を用意しているナースバンクがあったりと、それぞれの欠点を補っている所も多いのでどちらかの方法を選ぶのではなく、自分にとって利用しやすい所を見つけて職場探しをする事も大切です。

 

 

ナースバンクと看護師求人サイトの違い

 

看護師の職場に就くにはまずは求人情報が大量に必要です。医療系統の仕事を長期間続けるにはストレスが溜まりにくい良い職場を見つける必要があります。職場選びを失敗すると途中で仕事を続けるのが辛くなってしまい、辞める事になる可能性が高いです。医療関係の職場は仕事を途中で辞める方も多いです。看護師の求人情報を集める方法は二つあります。ナースバンクと看護師求人サイトを利用して情報を集める方法です。ナースバンクは業者に相談をして、自分に合った看護師の求人情報を紹介して貰えるというサービスです。看護師の求人情報を専門に用意しているので相談をすれば自分に合った求人情報が見つからない方でも良い物が見つけやすいです。看護師求人サイトを利用する方法は、インターネットから求人情報を載せているサイトにアクセスして情報を集めるという方法です。この方法のメリットは看護師の求人情報を自分で沢山手に入れられるという点があります。紹介して貰うのではなく、サイトに載っている求人情報を全て手に入れて個人で比較できるので比較すべき点がハッキリとしている方はナースバンクで求人情報を紹介して貰うよりも自分でサイトで情報を集めて比較した方が良い場合もあります。どちらの方法も利用方法は違いますが、自分に合った求人情報を見つけられるという点では変わらないので自分に合った方法を選ぶようにしましょう。ナースバンクと看護師求人情報を載せているサイトはどちらも無料で利用出来るというメリットがあります。どちらかを選んで損をするという事は無いので安心して好きな方法を選んで頂けます。インターネットにある求人サイトにも転職支援サービスを用意している所があったり、沢山の種類の求人情報を用意しているナースバンクがあったりと、それぞれの欠点を補っている所も多いのでどちらかの方法を選ぶのではなく、自分にとって利用しやすい所を見つけて職場探しをする事も大切です。

 

ナースバンクに登録したら非公開求人をチェック

 

ナースバンクに登録する人は転職を考えている看護師なので、より良い待遇を受けるために非公開求人をこまめにチェックすると良いです。非公開求人はハローワークや求人雑誌からは情報を入手できないので、ナースバンクに登録するメリットの一つです。非公開求人を狙っている人は多いため、応募は早めが鉄則です。非公開求人は基本的に給料が高いです。病院側は現在雇っている看護師よりも優れた看護師を採用するために、給料を引き上げて募集します。誰でも求人内容を確認できるようにすると、働いている看護師たちが給料面での不平等に不満を抱くため、非公開にしています。また看護師たちは長く勤務すれば、キャリアを積み重ねて師長や看護部長に昇格できると期待するのが一般的です。一方で病院側は外部から管理職クラスの看護師を雇いたがっている時は、看護師たちに分からないように求人を募集しています。募集要項に「経験に応じて相談可」と書いている非公開求人は、管理職クラスの人材を求めている可能性が高いです。キャリアアップを求めていない人でも、非公開求人は役立ちます。普通に求人を出して応募が殺到する場合は、面接などで優秀な人材を見つけるのが大変なので非公開になります。治験コーディネーターや企業看護師など、大手企業は人気が高く倍率が100倍を超える見込みがあるため、最初から応募できる人に制限を設けています。あまり多くありませんが、新しく病院が設立した時にオープニングスタッフとして看護師を非公開求人で探すことがあります。ライバルとなる病院に新しく事業を展開するという情報が漏れないようにする目的があります。ナースバンクではより多くの看護師に登録してもらうことで運営を続けられているので、非公開求人を利用できるのは優良な病院だけです。ブラック病院は求人に出しても募集が来ないので非公開で人材を確保することもありますが、ナースバンクに掲載されている病院はブラックではないため迷わず応募できます。

 

 

介護施設で働きたいならナースバンクを利用しよう

 

転職を検討している看護師の中には介護施設など医療現場から離れた職場を希望している人も多いのですが、多くの看護師の求人サイトは病院やクリニックなどの医療機関の求人を集めているのでなかなか介護施設の求人を数多く取り扱っていると言うところは限定されています。
そんな介護施設で働きたい・転職を検討していると言う人におすすめの看護し専門の転職支援サイトとして名前が挙がっているのが、ナースバンクです。ナースバンクとは日本看護師協会が運用している看護師専門の求人を取り扱っているサイトであり、全国規模で展開されているので数多くの求人の取り扱いがあります。そんなナースバンクで介護施設を探すメリットとしては、訪問看護を中心として高齢者に対する看護に注目した求人を数多く取り扱っていると言うところです。これは近年の高齢化社会に影響された取り組みとなっていて、特に最近では訪問看護に関する求人や情報を数多く取り扱う傾向が強くなってきています。その中には当然連携して利用することになる介護施設などの求人情報も豊富に取り揃えられているので、民間で経営されている転職支援サイトよりも高齢者関連の求人が多くなっているのです。
また全国の都道府県にそれぞれ1箇所ずつ設置されているので県内の求人を一括で取り扱っていると言う特徴もあり、運用は税金でまかなわれていることから民間の転職支援サイトにありがちな非公開求人と言う概念も存在していません。なので幅広いエリアをカバーして求人を取り扱っているので、民間の転職支援サイトに登録されていない介護施設の情報が集まっている可能性も高くなっています。特に規模の小さい施設の場合はなかなか転職支援サイトを活用して求人を出していることが少ないので、税金でまかなわれて運用されているナースバンクなどに求人を掲示しているということも多いのです。そのため通常の転職支援サイトにはない介護施設の情報を集めやすくなっていると言う点でもおすすめされているわけです。

 

 

ナースバンクから求人情報を探す時のデメリット

 

ナースバンクは、看護資格を持っている人なら登録するだけで無料で求人情報を探すことができます。
一切お金をかけずに仕事先が探せるのがメリットなのですが、デメリットもあります。このデメリットは、民間の看護師求人サイトを比較したときに感じることです。
まず、転職の代行サービスが乏しいということです。
民間の転職サイトでは、面接日の設定、条件交渉、円満退職サポートなどありとあらゆることを代行してやってくれます。しかし、ナースバンクは面接日の設定くらいしか代行してくれません。
なので、仕事を探したらそこからはほぼ自力で動く必要があります。転職サイトを利用するのが「面倒な作業を代行してもらうこと」という人には、サポートが物足りなく感じる可能性があります。
また、看護資格を持った相談員はいますが、あくまで仕事の相談をするだけで、求人紹介や非公開求人などの紹介もしてもらえません。
自分で探して応募するのが基本なので、働きながら転職したいという人には、時間が厳しい可能性があります。時間がとれないので結局仕事をいったん辞めなくてはいけなくなったというケースもあります。
手間がかかり、転職が決まるまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。
今すぐに転職したいと考えている人は、民間の転職サイトのほうがサポートが充実していて、スピード感があるので向いている可能性が高いです。
また、人気の求人はほとんど見つけられないことが多いです。そういう良い案件は民間の業者に取られてしまうので、税金で運営しているナースバンクは不利になってしまいます。
全国にナースバンクはありますが、都道府県によっては対応が良くない場合もあるというのもデメリットです。これは民間の転職サイトでも同じことが言えます。
デメリットは色々ありますが、自力で転職したいからあえてナースバンクを利用するという人もいます。時間をかけて検討できる人や、ブランクのある人には向いている場合もあるので、メリットとデメリットを両方考えて選ぶようにしましょう。