ナースバンクから求人情報を探す時のデメリット

ナースバンクは、看護資格を持っている人なら登録するだけで無料で求人情報を探すことができます。
一切お金をかけずに仕事先が探せるのがメリットなのですが、デメリットもあります。このデメリットは、民間の看護師求人サイトを比較したときに感じることです。
まず、転職の代行サービスが乏しいということです。
民間の転職サイトでは、面接日の設定、条件交渉、円満退職サポートなどありとあらゆることを代行してやってくれます。しかし、ナースバンクは面接日の設定くらいしか代行してくれません。
なので、仕事を探したらそこからはほぼ自力で動く必要があります。転職サイトを利用するのが「面倒な作業を代行してもらうこと」という人には、サポートが物足りなく感じる可能性があります。
また、看護資格を持った相談員はいますが、あくまで仕事の相談をするだけで、求人紹介や非公開求人などの紹介もしてもらえません。
自分で探して応募するのが基本なので、働きながら転職したいという人には、時間が厳しい可能性があります。時間がとれないので結局仕事をいったん辞めなくてはいけなくなったというケースもあります。
手間がかかり、転職が決まるまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。
今すぐに転職したいと考えている人は、民間の転職サイトのほうがサポートが充実していて、スピード感があるので向いている可能性が高いです。
また、人気の求人はほとんど見つけられないことが多いです。そういう良い案件は民間の業者に取られてしまうので、税金で運営しているナースバンクは不利になってしまいます。
全国にナースバンクはありますが、都道府県によっては対応が良くない場合もあるというのもデメリットです。これは民間の転職サイトでも同じことが言えます。
デメリットは色々ありますが、自力で転職したいからあえてナースバンクを利用するという人もいます。時間をかけて検討できる人や、ブランクのある人には向いている場合もあるので、メリットとデメリットを両方考えて選ぶようにしましょう。