ハローワークで看護師求人は見つかるのか

 

いきなり結論ですがハローワーク(職安)で看護師求人自体は見つかります。但しその求人内容が仕事を求めてやってきた人の希望に沿うかどうか、または採用されて働き始めたときに良い環境かどうかということは分かりません。ではなぜそう思うのかについて以下に記述します。
始めに、これは看護師の求人に限ったことではないのですが、嘘求人の問題があります。これは企業がハローワークで公開する情報に嘘が含まれているということです。例えばどういう嘘かというと週休2日と掲載されているのに実際は休みが1日、サービス残業が当たり前で載っていた勤務時間とまるっきり違う、有となっていた通勤手当や社会保険・雇用保険がない等があり、果ては給与が違うなんてものもあります。こういった嘘求人に対しての苦情や相談件数は厚生労働省の調べによると2012年で7783件あり、最近でもこの問題が報道で取り上げられることから、ブラックな病院に当たるかもという不安を払拭することができません。
次に、ハローワークは公共機関であるため基本的に企業からの掲載依頼を拒否することができません。このためにブラックな病院でも実際とは違う嘘の求人票を掲載することができるのです。その上、人が辞めてしまっても何度でも掲載することができます。普通はそういったおかしなことが起きれば異変に気付きそうなものですが、求人数を重視するハローワークにとってはそういった求人すらも捨てきれないのも事実です。
また、病院側からハローワークに求人を載せるということを考えてみると、いくつかの理由によってあまり利点がないのが現状です。
1つ目は応募が少ないという点です。看護師の方は載せる病院について詳しい情報を提供してくれたり等のサポートが充実している転職サイト等を使うことが多いようです。
2つ目は採用したのにすぐに辞めてしまうという点です。ハローワークは勘案せずに紹介状を出すので、病院側と応募者側で条件の合う合わないが出てきてしまいます。
以上のことからハローワークを利用するときには上記のようなことがあるということを念頭に置いた方が賢明です。